前へ
次へ

コロナウイルスが飲食業界にもたらした新たな風

2020年から大流行しているコロナウイルスによって各業界、大打撃を受けました。
その中でも特にひどかったのが飲食業界!
業態上、感染リスクが高い事に加え非常事態宣言発令で、営業自粛を余儀なくされたからです。
中には経営資金ショートによる閉業や清算も相次ぎ、今なお窮地に立たされています。
そんな飲食業界の救世主として、今最も注目を浴びているのが「テイクアウトサービス」!
なぜならテイクアウトは店内提供しない為、コロナウイルス感染リスクを抑えらるからです。
また営業自粛対象に入らないので、堂々と店を開けられるというポイントも飲食事業者にウケました。
それに伴いこれまでテイクアウト未実施だった飲食事業者も続々と参入し、台湾の屋台市場を思わせるようなテイクアウト市場が熟成されていきました。
これまで一般的だった寿司やピザ、ハンバーガーはもちろんの事、ラーメンやスープなど変わり種も進出している状況です。

まとめ

盛隆激しい飲食業界を襲った未曽有のコロナ、しかし新たなテイクアウト市場形成の追い風になっている事も事実と言えるでしょう。

京都・大阪・東京のご自宅にテイクアウトのご案内
近くのテイクアウトショップを探すならTakeEatsで決まり!

Page Top