前へ
次へ

皆さん洋画は見られますか?
高身長なイケメン俳優、オハイオ級ダイナマイトボディーの女優にくぎ付けになった経験が一度はあると思います(笑)
そんな邦画には無い独特の魅力を持っている、洋画の小道具で気になるものが1つ・・・・・・。
それは四角い紙箱に入ったテイクアウトの中華料理です!
金欠の主人公が苦虫を潰したような顔で食べているシーンを大抵の方は思い浮かべるでしょう。
しかし日本では馴染みが無く、あまり共感できません。
そこで今回は「謎のテイクアウト中華」の正体をご紹介します!

謎のテイクアウト中華の正体

あのテイクアウトに使われる箱は「Oyster pail」という、アメリカで用いられている中華用容器です。
アメリカの中華料理は、日本でいう所の牛丼に相当するジャンクフード地位を確立しています。
その為、小道具として良く用いられるようになったそうです。

謎のテイクアウト中華の正体まとめ

これから謎のテイクアウト中華を食べているシーンを見たら、牛丼に置き換えてみるとより洋画が楽しく見れますよ!
ちなみにOyster pailは通販サイトで購入可能です。
中身をカップ焼きそばに変えてしまえば、気軽に洋画の登場人物に成り切れちゃいますよ(笑)

Page Top